人気ブログランキング |

現在はミサワホームの家づくりについてが話題の中心になっています。でも、レガシィ【スバル】のこと、旅行のこと、日々の徒然も書き綴ります。


by nabenabe1982

<   2007年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

V8・5リッターのシボレーに試乗させていただきました。
生まれてはじめての左ハンドル車です。

ウインカーの位置が日本車と反対なのに慣れてしまえば、右ハンドルも左ハンドルもあまり違いはないような気がしました。


今日は燃費のことは考えずに語ります。

運転席からの眺めが、トラックに乗っている感覚なのが新鮮。
まったくストレスを感じない加速の感じが、実に気持ちいい。
頑張らなくても低速域から気持ちいい動き方をするのが、ホントに気持ちいい。
シートも革の座り心地が快適。



自分にとっては、新感覚のクルマでした。





レガシィとは性格が違うクルマだから、比べることはしません。
今の自分はレガシィが一番カッコイイと思っているので、それはそれでいいんです。

でも、いずれは外車も・・・・・・
そんな風になるのもいいんじゃないかなと。


自分のレガシィ、リコールが出ました。
エンジンのコンピュータプログラムの書き換えが必要なようで、今日、召集令状が来てました。

いつデーラーに持っていこうかな。
忙しいから職場に取りに来てもらおうかな。

早いとこ直してしまいたい。
by nabenabe1982 | 2007-02-28 20:39 | レガシィ各論

第403話 虫の居所

一日を振り返ってみると、「今日はいい一日だった」「今日はツイてなかった」という浮き沈みは毎日必ずあるようです。

今日はまだ振り返る段階にこの時間でもたどり着いていませんが、途中経過で思うには、今日はとことん期待はずれの一日でした。

明日が成功のうちに無事終了すれば、今日一日の「不運」はただの苦労として報われると思うのですが、さてどうなることか。


テスト翌日にテストを返すのが僕のポリシーなんだけど、今回は無理。
まだ15人しか片付いていないもん。


明日「まだ丸付け終わってないの?」と冗談でも言われた日には、怒り狂います。たぶん。



今日のブログは暗い内容でごめんなさい。
by nabenabe1982 | 2007-02-27 23:15 | ふつうの日記

第402話 新車効果

ドミノ現象というか、きっかけは思わぬところに埋まっているというか、人が大きな決断をするときは、意外にも「思いがけない出来事」や「本来なら自分に無関係なこと」に起因していることもあるようです。

「あの人が髪切りに行ったんじゃ、そろそろ自分も行こうかな」

「あの人が車買い替えるんじゃ、自分も買っちゃうかな」


まぁ自分は、その調子で今の車に買い換えたわけですが、日本人の特性なんですかねぇ。
お隣さんもそうなら、自分もそうするか、みたいなところ。

理由はたぶん違うところにあると思うのですが、今日職場に新しいシボレーが。

あ~、すげ~迫力。
泣く子もだまる大迫力。

一言でその迫力を表すならば、「どひゃ~」


車の買いかえって、意外と伝染するもので、以前もうちの職場は新車ラッシュが続いたことがありました。



2Lターボで「きゃっきゃ、きゃっきゃ」と喜んでいる自分は、V8・5Lの世界は想像すらできない。
いったいどんな加速や、乗り心地なんだろう。

隣に停めると、僕のクルマはコンパクトカーのように見えます。
今度写真撮らせてもらおうっと。
by nabenabe1982 | 2007-02-26 21:02 | レガシィ各論

第401話 ウコンの力

ちょっと更新をサボってしまいました。

金曜日の夜に調子に乗ってウイスキーを飲みすぎて、土曜日は軽く二日酔い。
そんなこんなで面倒くさくてパソコンを立ち上げませんでした・・・・・


金曜の夜は二次会と称して太田駅前のCAPに行ったんですが、そこで40代半ばとお見受けした女性が一人で飲んでいて、軽くからまれました。

「ウコンがイイのよ、ほら。」

ウコンの錠剤4錠。


あれだけウイスキー飲んだから、土曜日は少し頭痛かったけど、ウコンパワー恐るべし。
思いのほか二日酔いが軽かった。



また今度行ったら、あのウコンレディーはいるのだろうか・・・・・

ウコンってちょっと文字を入れ替えると大変な言葉になってしまうのですが。
ウコンレディーも、入れ替えてしまうとものすごく汚いイメージになります。
by nabenabe1982 | 2007-02-25 20:49 | ふつうの日記

第400話 優先順序

記念すべき400話です。
よくもまぁ飽きずに下らないことを書き続けられるもんだと、我ながらよく続くと感心してしまいます。
呆れています、とも言えます。


本日3年目研修も無事終了し、肩の荷も30%ほど軽量化を達成できました。
レガシィの世界戦略は100kgの軽量化から始まりましたが、僕の楽しい春休みのプランは、肩の荷の軽量化から始まります。

明日は人事評価の面談日。
「あなたは来年から草津です。」なんて、言われた日には、明日の飲み会はヤケ酒だ。


今の自分の肩の荷を軽くする優先順序は、来週2本のスライドショー作り。
一週間に立て続けて2本というのは、自分にとっても初めての状況。
まだまだ気が抜けませんが、毛が抜けてきました。


400話。こんなことを書くつもりじゃなかったのに。
さて本題。
クルマ好きのクルマいじりは、たいていどこから手をつけるんでしょうか。
どこかに統計的なデータはないものでしょうか。

マフラー
スピーカー
ホイール

どれからいきましょうか。
雑誌でかっこいいホイールを見てしまい、気持ちが高まっています。

お金がないのにね・・・・・
by nabenabe1982 | 2007-02-22 21:28 | レガシィ各論
劇場に入って自分の席に座ってからも、自分の挙動不審なところは止まりません。

ステージをキョロキョロ見回したり、オケピをのぞき込んだり、後ろを振り返って2階席の方を眺めたり、天井の飾りを眺めたり・・・・・

四季劇場「海」でオペラ座を見るのはこれで最後。見納めですから。


セリフから歌から、そのほとんどを覚えてしまっているからこそ、目の前で起こることをすべて目に焼き付けておかなければという緊張感が、だんだんと高まっていきます。

一秒たりとも気が抜けない。そんな感じ。
これが生ならではの面白さでもあります。


今回のファントムは村さん。
ネット上ではムラントムとか、本気の時と手抜きの時の差が激しいとか、ときどき歌を間違えるとか、いろいろと言われている村さんですが、とってもきれいなバリトンの力強いファントムでした。

年寄りだからノドがもたずに2週間が限度とも言われていて、3週間目の今回はどうなるんだ?と心配していましたが、低音に力があって高音が気持ちよくのびて、僕のファントムのイメージどおりの声でした。

確かにフレーズの一言一言が流れてしまっていて雑に歌っている感じは否定できませんが、この人はこういう歌い方なんじゃないかと思えば、別に気になりませんでしたし。
前回二回続いた佐野さんよりは、安定していて気持ちよく聞けました。


クリスティーヌは苫田さん。
う~ん、この人はネットの前評判どおりでした・・・・・
セリフを喋らすとアニメっぽい声で子どもっぽ過ぎるし、歌も声量に物足りなさを感じるし、個人的には3回続いた西さんの方が好き。


鈴木ラウルは頑張ってたけど、北澤さんのほうがよかったかも。



間違いなく今回の席はベストポジションでしたね。
目の前がちょうど役者さんが歌うポジションで、最高。
マスカレードの階段も、一番見栄えがする場所だと思うし、最後にファントムが消える様子もよく分かるし。
どうやって消えるか、そのタネが分かったし。


この一つひとつが、もう最後なんだな~と思うと、涙が出てきそうです。
早く再び東京に戻ってきて欲しい・・・・・
by nabenabe1982 | 2007-02-21 20:45 | ふつうの日記
四季劇場「海」にいよいよ着きました。
5時開場でただいま4時40分。
当然まだ入り口は開いていませんが、もう人が集まってきています。

目の前のレストランに時間つぶしに入りましたが、ここで注文した「ジンジャーエール」が、本当に名前のとおりのショウガの味と風味。
舌がヒリヒリして体が温まってきました。

仙台時代に「オトナのジンジャー」を飲んだことがありましたが、今回のは純粋に「生姜汁?」


さて時計が5時を回ったところ、劇場入り口は下のエスカレーターまで行列ができていました。
もう一方の列から、さっと入場して、初めて二階席に足を踏み入れました。
二階から見ると、ステージの様子も一味違って、これはこれで観てみたいと思うところがありました。


今回は大奮発して、一階最前列下手寄りの16番。
このあたりの席って、いったいどんな生活レベルの人たちが集うエリアなのでしょうか。

右隣にはサンダル履きのおじさん、左隣はセレブを気取ったオバさんのなりかけ二人。


おそらく耳と目の肥えた四季通の人もいたに違いない。


明日は「オペラ座の怪人」の中身について、語ります。
by nabenabe1982 | 2007-02-20 20:40 | ふつうの日記
ほろ酔い加減で乗った地下鉄ですが、昼間から酔っ払って街を歩くというのが、どうも僕は罪悪感のようなものを感じてしまい、自分は酒臭さをぷんぷん漂わせているんだろうなぁ~とか、「うわっ、こいつ酒クセェ」なんて周りの人に思われたらどうしよう、などどいろいろと考えながら電車に乗っていました。

中ビンで一本分のビールを飲んだんだから、けっこう酔っ払っていたはず。


おそらく、お寿司の生臭さと酒臭さが自分の体の周囲を漂っていたはず。
異臭騒ぎになって警察と消防が出動しなくて何より。


渋谷に出てハンズに行きました。
前から欲しかったバッグを買ってしまいました。
余計な買い物しないために、今回は財布に現金を1.3諭吉しか入れておかなかったのに、築地で0.5諭吉消費してしまい、残り0.8諭吉。

バッグは0.7諭吉強。

う~ん、最後の切り札、カード払い。
来月も支払いが・・・・・


何で自分がなかなかお金が貯まらないのか、原因はこういうところにあったか、なんて感じながら、でもけっこう気に入ったバッグだから、結果オーライ♪

ハンズで16諭吉のレカロ製デスクチェアが展示してあって、座った感じが超最高。
当然買わなかったけど、ほしぃ・・・・・


約二時間という長い時間をハンズで過ごし、いよいよ汐留・四季劇場『海』に向かいます。
by nabenabe1982 | 2007-02-19 21:57 | ふつうの日記
いやぁ~劇団四季のオペラ座観てきました。
今回の席はすごく良かったし、内容も良かったし、大金払って行った価値は十分にあったと思います。


今回の旅の始まりは日本の台所「築地」から。

お昼ごはんが寿司。
さらにビール付きときたもんだから、昼間っから酔っ払いでした。

今まで築地といえば「龍寿司」にしか行ったことがなかったのですが、今回は色々調べて2軒となりの「岩佐寿司」に・・・・・

3600円で12貫+巻物1本
ウニがうまかった~
「これでもか」と、ウニてんこ盛り。

しかも穴子がいけてます。
築地で穴子を食べた時は「こんなに柔らかいのか!」と衝撃の初体験だったのですが、今回のお店は焼き立てを出してくれるので、柔らかく、しかも熱々で油がジューシィ!

ますます築地の穴子にはまりました。
群馬のおすし屋さんは、穴子食べる気がしないもん。



今回の旅は、のっけから酔っ払いです。
by nabenabe1982 | 2007-02-18 19:55 | ふつうの日記

第395話 暴発

ちょっと職場でストレスが爆発してしまいました。
寡黙にしていればよかったのに、ちょっと腑に落ちないところがありまして・・・・・。

人事異動で職場の雰囲気が変わるというのは、30人程度の環境ではものすごい影響があります。


なんだか今週は短いわりに濃かったので、明日は東京でリフレッシュしてきます。
by nabenabe1982 | 2007-02-16 21:02 | ふつうの日記