人気ブログランキング |

現在はミサワホームの家づくりについてが話題の中心になっています。でも、レガシィ【スバル】のこと、旅行のこと、日々の徒然も書き綴ります。


by nabenabe1982

<   2011年 10月 ( 24 )   > この月の画像一覧

先日、自宅玄関先の木を引っこ抜いたウチのオヤジ。


何を考えたのか、今日仕事から帰宅したら、こんなことになっていました。
f0035222_212212.jpg

20年近く植えられていた木が無くなり、なんか新しいモノが・・・

これから、これをどうしたいのだろう?

どの方向へ進んでいくんだい?


「新しい趣味だね?」


頑張りすぎて、手にマメができたらしく、軟膏を塗っていました。


どうせなら、玉砂利でもしいて、滝でも作って、小さな池に金魚でも放せばいいのに。


どんな心境の変化があったのだろう?
by nabenabe1982 | 2011-10-31 21:04 | 取るに足らない雑談
結婚式って何をするんでしょう。

まだ半年以上も先のことだけど、一生に一度のイベントなので、よく考えた方がいいですよね。

映画だって数年かけて作り上げていくものだし、普通の合唱団の演奏会だって、半年以上かけて作り上げていくものだし。

今からいろいろ考えておいても後悔はしないはず。


お色直しの回数からすると、nabenabeさんの披露宴にはBGMが16曲ほど必要になります。

いきなり、そう告げられて、軽く汗かきましたよ。

定番曲を適当に見繕えばすぐに見つかるだろうけど、話題性とか面白さとかを考えると、今から考えておくことだよね。

まぁ、新郎がボクなので、真面目に考えるはずが、ない。

何か面白いことをしなければなるまい。

普通のことをしたら、周囲が許すはずがあるまい。



と、とにかく、BGM。

16曲程度を用意するために、30曲程度は候補を用意しておいてください。

候補曲を30曲にするために、ボクたちは何曲聞けばいいのでしょう。

助けてぇ~、ドラえも~ん!
by nabenabe1982 | 2011-10-30 23:12 | すてきな日記
日光でお散歩をしてきました。
f0035222_8511899.jpg

三本松駐車場から竜頭の滝までは、軽い散歩コースで、気分爽快だったんですよ。

ところが、高山に進むと、一気に登山になりました。
林道の上り口では、「あ~軽く登るのかな」と思わせておいて、あとは、もう・・・

・・・

・・・

大きな段差のある岩場、崖、草を分け入って進む道、結構な急勾配

存分に登山を楽しむことができました。
f0035222_856141.jpg

がっつり山道
f0035222_8565621.jpg

紅葉がきれいで、自然の中でのコンビニおにぎり(300円)が、何ておいしく感じられたことか。

山を下りて、小田代原
f0035222_8584023.jpg

結構天才的な写真じゃね?

ここで、お湯を沸かしてココアをいただいたんですが、贅沢だよね~


歩き疲れは、健康的な運動として考えればいいわけだし。
お金をかけずにおいしいお昼が食べられて、しかもホットココアがいただけて、すんごい気分がリッチになった休日だったと思います。


ただ、家でテレビをつけたまま寝入ってしまい、叱られました。
by nabenabe1982 | 2011-10-30 09:01 | ふつうの日記
今日初めて結婚式場見学に行ってきました。

昔から地元にある「マリエール」

昔は「平安閣」という名前でしたが、いつからか「マリエール」になり、ここ3年で平成の大改装を終えたそうです。

自分の七五三のときの写真を撮った記憶があり、十数年前に従兄弟が結婚式をした記憶があり・・・

それ以降の記憶は、ない。

ただ、ここ数年で見るからに外観が変化していたので、中身に興味はありましたが。

入ってみて、びっくり。

すごくきれい。

日本にディズニーシーとココにしかないという装置も作動させて見せてくれました。


・・・で、いろいろこの先の自分たちの予定とか、時間的な都合とかを考えた結果、式場決めてきました。

そもそも、立地的な便利さと、互助会というシステムにウチが入っていたのと、その他もろもろいろいろ魅力があったのでね。

一生に一度のことをそんなに簡単に決めるな!と言われればそれまでですが、二人とも納得だったし。

何より、いろいろ他を回って、で、「最終的にみんな予約で埋まっています!」じゃ、シャレにならないし。

幼いころから意識したことはなかったけれど、結果的にジューンブライドです。
by nabenabe1982 | 2011-10-29 00:01 | すてきな日記
MEDIASのOSが、Android 2.3になってからというもの、何の不満もなくなりました。

バッテリーが2日もつようになりました。

動作が固まることが無くなりました。

すべてのレスポンスが向上しました。

最悪だ!と言っていた自分が、まるでウソのように快適です。

これで、当分の間はケータイのことで頭を悩まさずに済みそうです。

2.2から2.3で、具体的にどこがどのように、どのくらい変わったのかは分からないし、分かろうとしても分からないだろうと思うので、素人の僕にはどうでもいいんですが、いったいどういう仕組みになっているんですかね。
by nabenabe1982 | 2011-10-27 23:22 | 取るに足らない雑談
今日のテレビ東京、夜9時のドラマが群馬県桐生市が舞台。

でも、いかんせんテレビ東京はテレビ東京。

まぁ、ドラマの細かいところとか、演出とかは、言うまでもなく・・・


新聞のテレビ欄も

NHK総合 NHK教育 日テレ TBS フジ テレ朝 テレ東

という並びだったので、一番右端のテレ東は関東キー局の中ではミソっかす的・・・


ところが地デジ完全移行となり、テレビ欄の配置も様変わり

NHK総合 Eテレ 日テレ テレ朝 TBS テレ東 フジ

となり、フジが右端

最近フジを見なくなったし、興味もなくなったし、新聞でも目をやらなくなって・・・


新聞を見るときの目の動きの習慣なんですかね。

感覚的には、無意識のうちにフジテレビのポジションがかつてのテレ東になっています。


そう考えると、選挙ポスターの並びにこだわる候補者がいるのも、うなずける気がします。



でも、やっぱりテレ東はテレ東。

ドラマの作りが・・・
by nabenabe1982 | 2011-10-26 21:13 | ふつうの日記
退勤時刻を過ぎて数時間

気づけば職場に残るのは、ボク以外はみんな女性

もともと女性の多い職場なんですが、さすがに男がボク一人になると・・・別に何とも思わないけど

一日のうちで、成人男女でどちらが話す時間が長いかといえば、断然女性

最近、自分の話し方がおかしい

以前の勤務先では、全然ありえなかったことだけど、どうも自分のしゃべり方が優しい

優しいというか、ときどき出現する女性口調

とりあえず、オネェ言葉ではないので・・・


丁寧に優しくしゃべることが必要とされているのでねぇ


あんまり気にしていないんだけど、気になりだすと、やっぱり気になってしまうのですゎ
by nabenabe1982 | 2011-10-25 21:51 | ふつうの日記

第1444話 限界?

今年買い換えたパソコン

i5でサクサク、こりゃいいわぁ~と思って使っていたんですが

ほら、今年の夏、ムービー買ったでしょ

パソコンでハイビジョンムービーの編集を趣味にし始めたわけです

そしたら、ちょっとスペック不足になったようで・・・


いや、何でかねぇ

原因は分からないのですが、エラーが頻発してしまい、ストレスだす


いろいろ原因を考えようにも、時間がなくて・・・


いろいろな意味で、限界?
by nabenabe1982 | 2011-10-24 22:18 | ふつうの日記

第1443話 焼きそば

f0035222_22565128.jpg

地元太田市の秋の大イベント

スポレク

今年のスバルマラソンには、東国原元宮崎県知事がゲストランナーで参加しました。

って、ボクは一切かかわっていないし、参加もしていません。

でも、この石巻焼きそばを食べて、心は東北応援。


日頃食べなれた太田焼きそばとは異なった味わい。

っていうか、食べなれた太田焼きそばといっても、いつも食べるのは「采女屋」

新井町のとりせん前に昔から店を構えている、老舗。

老舗って言っていいのかな?

ソース味たっぷりの食べなれた焼きそばと違い、出汁の風味が上品でした。


あ~、また太田焼きそばが食べたくなった。
by nabenabe1982 | 2011-10-23 23:01 | ふつうの日記
細かい実況はブログじゃなくてFace bookのほうでやっていました。


宮城県亘理郡山元町から帰ってきました。

災害ボランティアとして、津波被害による歩道と側溝の土砂撤去をしてきました。

あいにくの雨で、午前中のみの作業でしたが、15名で10mほどの歩道を3時間かけて作業しました。

水分を含む海の砂と岩と草が入り乱れた土砂の撤去は、想像以上に大変でした。

岩手県から福島県までの海岸沿いのほとんどがあのような状況かと思うと、復興には相当の時間がかかるだろうと思ました。


最近は災害ボランティアという名称から、復興ボランティアという呼び方に変わりつつあるそうですが、山元町は災害ボランティアと呼んでいました。

まだまだ、復興への段階には至らず、災害がもたらした被害の除去に追われている段階ということなんだと思います。
f0035222_22314825.jpg

作業をしたあとに、帰りのバスの中から被害状況を見させてもらいました。

確かに片付いてきてはいるものの、実はあれから半年以上経つのに何も変わっていないんじゃないかと思ってしまいそうなほど、復興は遠い道のりのように感じられました。

自分自身、時間とともに当日の恐怖や記憶が薄れ始めてきて、もう一度気持ちを持ち直してできることを頑張ろうと思いました。

ボランティア希望者も激減していると聞きます。


夜のあとには必ず朝が来る地球上で、この東日本の被災地に早く夜明けが来るように、政治も報道も、そして自分たちも、それぞれの責任を果たして力を出していかなきゃならないと深く考えた一日でした。


今夜はテレビのバラエティーで芸能人の悪ふざけを見ても、笑えなかった。
by nabenabe1982 | 2011-10-22 22:41 | ふつうの日記